邦文参考文献(論文、学会発表要旨、雑誌、専門誌記事など) 2020

◆以下に掲載の情報はおおよそ次のルールで一覧としてあります。

  • 掲載の順序は、筆者名(第1筆者)の五十音順になっております。
  • Webページへのリンク先URLを掲載の資料は、そのWebページへのジャンプと閲覧が可能です。
  • Webページへのリンクは、編集時点に確認した情報です。アクティヴでない場合があること、ご了解ください。
  • pdfファイルのダウンロードが可能な資料もあります。
三浦麻子(2020).『ウェブ調査の科学―調査計画から分析まで―』書評
(*)Roger Tourangeau, Frederick G. Conrad, Mick P. Couper 著・大隅昇・鳰真紀子・井田潤治・小野裕亮(訳)(2019).ウェブ調査の科学―調査計画から分析まで―,朝倉書店(2019)の書評記事.
https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=&ved=2ahUKEwiG24D_6YjuAhWafXAKHf3TAqg4ChAWMAJ6BAgBEAI&url=https%3A%2F%2Fpsyarxiv.com%2Ftqypz%2Fdownload%2F%3Fformat%3Dpdf&usg=AOvVaw3IOclSaynsMjKKP3-GuWPP
三浦麻子(2020).心理学研究法としてのウェブ調査,基礎心理学研究,早期公開.
日本学術会議社会学委員会,ウェブ調査の課題に関する検討分科会(2020).
「提言 ウェブ調査の有効な学術的活用を目指して」(2020年7月).
尾藤央延,須永大智,狭間諒多朗,渡辺健太郎,齋藤僚介(2020).社会調査の動向に関する基礎的分析 – American Sociological Reviewを用いて,「よろん」,第125号,11−19.
梁承哲(2020).若年のインターネットパネル管理の課題,「社会と調査」,No24(2020年3月),64−71.
大隅昇(2020).「ウェブ調査」の利用はどうあるべきか — その1 —,社会調査協会ホームページ,社会調査NOW「オピニオン」,2020年2月5日記事.
http://www.jasr.or.jp/online/opinion/op-004-1.htmll
大隅昇(2020).「ウェブ調査」の利用はどうあるべきか — その2 —,社会調査協会ホームページ,社会調査NOW「オピニオン」,2020年3月5日記事.
http://jasr.or.jp/online/opinion/op-004-2.html
※ここに集めた情報は、逐次更新され、内容が変わることがあります。