文献&一般書籍(邦文) (2022)

木村美苗 (2022). 日本語で書くということ, ちくま文庫,筑摩書房.
(*)同じ著者による既刊「日本語で読むということ」の姉妹編(?)の文庫版.やはり筆力ある文体で,期待を裏切らない内容.「…読むということ」とちょっとトーンが異なる.
円満宇二郎 (2022). 漢字が日本語に, ちくまQブック,筑摩書房.
(*)10代の若者向けシリーズの1冊だが,面白そう.
和泉悠 (2022). 悪い言語哲学入門, ちくま新書(筑摩書房).
中村明 (2022). 日本語名言紀行, 青土社.
(*)様々な作家・執筆家らの著作の引用がつぎつぎと登場する.著者の博覧ぶりがよくみえる本.
佐藤良明 (2022). 英文法を哲学する, アルク.