邦文参考文献(論文、学会発表要旨、雑誌、専門誌記事など) 2019

◆以下に掲載の情報はおおよそ次のルールで一覧としてあります。

  • 掲載の順序は、筆者名(第1筆者)の五十音順になっております。
  • Webページへのリンク先URLを掲載の資料は、そのWebページへのジャンプと閲覧が可能です。
  • Webページへのリンクは、編集時点に確認した情報です。アクティヴでない場合があること、ご了解ください。
  • pdfファイルのダウンロードが可能な資料もあります。
井田潤治(2019).国勢調査における不詳,「市場調査」,pp.16-27,305号(2019年 No.2).
(*)市場調査305号(2019年No.2)
(*)国の行うもっとも基本的かつ重要な調査である「国勢調査」において,近年は「不詳」(調査票の未提出,年齢不詳,配偶者不詳など)が増えている.この「不詳理由」や「不詳率」「未提出率」の傾向を丁寧に分析した重要な報告記事.国勢調査では回答時の回答方法としてオンラインも利用できるようになったが,このオンライン回答率と不詳率との間の関連性などに言及している(例:オンライン回答率が高くなると不詳率が低くなるという傾向など).非常に興味ある貴重な内容となっている.
三浦麻子(2019).ウェブ調査における回答者の努力の最小化 — Satisfice行動がデータの質に及ぼす影響—,「市場調査」,pp.4-29,304号(2019年 No.1).
江利川滋(2019).デジタル時代の社会調査,「市場調査」巻頭言,pp.2-3,304号(2019年 No.1).
※ここに集めた情報は、逐次更新され、内容が変わることがあります。