WordMinerアップデートのお知らせ

WordMinerの最新版は「バージョン1.520」です(2017年1月時点)。これについての詳しい情報は、次の日本電子計算(株)のホームページから、ご案内を行っております。ここから新バージョンのモジュールをダウンロードできます(無料)。

https://www.jip.co.jp/product/wordminer/download/v1520/

(*)この新バージョン1.520についての詳しいことは下記にお問い合わせください。

日本電子計算株式会社
〒135-8388
東京都江東区東陽2-4-24
TEL:03-5690-3231/FAX:03-5690-5738
URL:https://www.jip.co.jp/inquiry/products.php
E-mail:[email protected]
または:[email protected]

 

前のバージョン/ WordMiner 1.150 の内容の調整について

旧バージョン(バージョン1.140、1.150)をご利用の方は,やや重要な変更がありましたので、このバージョンに対応のアップ デート用のモジュールをダウンロードして更新されることをお奨めします。なお、バージョン1.150を使って一度更新を行えば、それより以前のアップデートもすべて同時に更新されます。

WordMiner 1.150 アップデート

» アップデートはこちらから
http://www.jip.co.jp/products/common/wordminer/wordminer.html

 

◆ Ver.1.150の変更内容
  • 「質的変数による構成要素の有意性テストのタブ内の「頻度による有意性テスト:サンプル別一覧」の表示に、「検定値(無調整)」の列を追加しました。
  • 従来は、検定値の値にフィルタリングをかけて、ある値以下を除外しておりましたが(これを「調整済み検定値」という)、これを一部変更し、すべての検定値を用いた場合(無調整という)も併せて出力表示するようにしました(調整を行わない検定値も表示)。なお検定値欄の棒グラフは調整済み検定値に対する表示です。

※これより後の変更は既にお知らせしたアップデート情報です。まだ以下の対応を行っていない場合も、今回のバージョンVer.1.150を適用することで、これらのアップデートもすべて同時に更新されます。

<例示>
出力例1:「構成要素」×「質的変数」のデータ表から出発の場合

出力例1

出力例2:「サンプル」×「構成要素」のデータ表から出発の場合

出力例2

注1:検定値の解釈・読み方
検定値(調整済み検定値)の統計的な意味や読み方については、下記のWebページを参照のこと。
 1)技術解説
 2)よくある質問へのヒント
  (*)2)はpdfファイルです。ダウンロードして閲覧できます。

 

注2:Windows Vista対応のPCをご利用の場合
Windows Vista対応のPCをお使いの場合は、以下のことにご注意ください。

(1)旧バージョン(WordMiner Ver.1.100 〜 Ver.1.140)は、原則としてWindows Vista 搭載のマシーンでは新規インストールを行わないでください。

注※Vista対応機に新規インストールする必要がある場合、購入時のWordMinerパッケージに同梱の冊子「WordMinerインストールガイド」の「 インストール時の問題と解決策」(ガイド,13ページ)に従って、インストールを試みてください。

(2)Windows XP対応機をVistaにアップデートした場合、既にXPでインストール済みのWordMinerは正常に動作します。つまり、Vista対応にアップデートしたPC上にインストール済みのWordMinerは、今回配付のアップデート・プログラムで更新可能です。)旧バージョン(WordMiner Ver.1.100 〜 Ver.1.140)は、原則としてWindows Vista 搭載のマシーンでは新規インストールを行わないでください。

(3)最新アップデート・プログラム(Ver.1.150)は、Windows VistaおよびWindows XPのいずれでも動作します。

(4)WordMinerを新規にご購入の場合は、Vista、XPともに問題なく動作します。インストーラは両OSに対応しております。

 

 

以前のアップデート情報

» PDFでアップデート情報をみる

PDFファイルを開く為にはAdobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。Adobe Readerは無料でダウンロードできます。

○ Ver.1.130からVer.1.140への変更内容
  • 対応分析における計算方式の一部を若干改善しました(固有値、固有ベクトル、および成分スコアの算出処理など)。
○ Ver.1.120からVer.1.130への変更内容
  • 「頻度による有意性テスト:サンプル別一覧」「頻度による有意性テスト:構成要素別一覧」「距離による有意性テスト:サンプル別一覧」で、クラスター数に対応して発行されるタブ表示数の上限を64(クラスター分)から1000(クラスター分)に拡張しました。
  • クラスター化の生成情報における計算方式を若干改善しました。
○ Ver.1.110からVer.1.120への変更内容
  • 「サンプル×構成要素」のクロス表の右側に質的変数を置いて追加処理したときに「多次元データ解析パネル」内に出力されるリーフの表記を以下のとおり修正しました。
    修正前: 「追加質的変数の統計値(成分スコア、寄与度他)」
    修正後: 「追加質的変数の統計値(成分スコア、検定値他)」

Ver.1.120の変更点

○ Ver.1.100からVer.1.110への変更内容
  • 「頻度による有意性テスト」で、検定値の計算方式を改善しました。
  • 「サンプル×構成要素」の分析における「質的変数の追加」(追加処理)で、複数の質的変数の追加処理を可能としました。
  • 有意性テストの「上位・下位の構成要素の抽出の条件」の設定で、「検定値」を3桁指定で可能としました。例えば、検定値で1.96と設定したいときには、196と指定します。
  • 「サンプルクラスターの成分スコアの布置図」の布置図に関する一部不具合を修正しました。

◆◆ 以下に更新方法を示します。【アップデート作業手順】を必ずお読みください ◆◆

ご注意

  • 現在使われているWordMierのバージョンが1.100、1.110、1.120、1.130、1.140のどれかであることをご確認し、その後、WordMinerをいったん終了させてください。
  • WordMinerはアンインストールせずに、以下のアップデート作業を行ってください。

※バージョン確認方法: WordMinerを起動しメニュー・バーの「ヘルプ」から「バージョン情報」を確認します。

アップデート作業手順

1)現在使用中のWordMinerがインストールされているフォルダを確認し、「WMup_1150.EXE」をそのWordMinerインストール先フォルダ内へ移動します。 注意:標準設定でインストールされている場合WordMinerフォルダの位置は「C:/Program Files/WordMiner」になります。

2)ここで,「WORDMINER.EXE」と「WMup_1150.EXE」が同一のフォルダにあることを確認してください。

3)次に「WMup_1150.EXE」をダブルクリックすると、アップデートが自動的に開始されます。ここで「正常終了」と表示されたら、アップデート作業は終了です。

4)「OK」を押して終了します。

5)ここで「正常終了」と表示されない場合、もう一度(1)からやり直して下さい。

6)WordMinerを起動し、メニュー・バーから[ヘルプ]-[バージョン情報]を参照しVersion1.150になっていることを確認します。以上でアップデート作業は完了です。

その他の注意

  • アップデート作業終了後、元のファイルのバックアップとして「WORDMINER.OLD」(元の「WORDMINER.EXE」)が保存されます。そのまま保存としてください。
  • アップデート後も、[スタート]-[プログラム]メニュー、デスクトップのショートカット、[アプリケーションの追加と削除]での名称は「WordMiner Version 1.1」のままになります。

アップデート版とダウンロードに関する “技術的な内容” についてのお問い合わせは、
日本電子計算(株)の担当宛にお願いいたします(下記)。

〒135-8388
東京都江東区東陽2-4-24
日本電子計算株式会社 産業事業部
情報サービス第2部
WordMiner担当( [email protected]