邦文参考文献(論文、学会発表要旨、雑誌、専門誌記事など) 2017

◆以下に掲載の情報はおおよそ次のルールで一覧としてあります。

  • 掲載の順序は、筆者名(第1筆者)の五十音順になっております。
  • Webページへのリンク先URLを掲載の資料は、そのWebページへのジャンプと閲覧が可能です。
  • Webページへのリンクは、編集時点に確認した情報です。アクティヴでない場合があること、ご了解ください。
  • pdfファイルのダウンロードが可能な資料もあります。
小野寺典子(2017),NHK世論調査における調査方法論研究の系譜,NHK放送文化研究所年報2017 第61集,pp.51-112.
(*)ウェブ調査に直接関連する報告ではない.1947年に始まるNHKにおける調査方法論の研究がどう行われてきたかの概要を述べた報告.とくに無作為抽出にもとづく科学的な調査手法(標本抽出,調査不能,調査方式,質問紙法など)に関連するNHKにおけるこれまでの研究成果がコンパクトに要約されている.http://www.nhk.or.jp/bunken/research/yoron/pdf/20170130_3.pdf
特集:パラデータの活用に向けて,「社会と調査」,No.18(2017年3月)
http://jasr.or.jp/asr/asr_new.html
(*)「社会と調査」誌の特集記事として,調査方法論における最近の関心課題である「パラデータ」に関する以下の6編の報告がある.
大隅昇,林文,矢口博之,簑原勝史(2017):ウェブ調査におけるパラデータの有効利用と今後の課題,社会と調査(特集:パラデータの活用に向けて),No.18(2017年3月),50-61.
※ここに集めた情報は、逐次更新され、内容が変わることがあります。