邦文参考文献(論文、学会発表要旨、雑誌、専門誌記事など) 2011

◆以下に掲載の情報はおおよそ次のルールで一覧としてあります。

  • 掲載の順序は、筆者名(第1筆者)の五十音順になっております。
  • Webページへのリンク先URLを掲載の資料は、そのWebページへのジャンプと閲覧が可能です。
  • Webページへのリンクは、編集時点に確認した情報です。アクティヴでない場合があること、ご了解ください。
  • pdfファイルのダウンロードが可能な資料もあります。
総務省(2011):「平成22年度 新ICT利活用サービス創出支援事業 電子書籍交換フォーマット標準化プロジェクト」調査報告書(2011年3月)
(*)第6章「電子書籍及び電子書籍端末の利用環境調査」としてウェブ調査と郵送調査の比較検証がある(本報告書のpp.475-586).
http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/ictriyou/shinict.html,
http://ebformat.jp/dl/koukan_format_houkoku_2011_05.pdf
山田一成(2011):変わるサーベイの意味と役割:社会踏査から討論型世論調査まで,日本世論調査協会報, (108) 13 – 22.
※ここに集めた情報は、逐次更新され、内容が変わることがあります。