邦文参考文献(論文、学会発表要旨、雑誌、専門誌記事など) 2012

◆以下に掲載の情報はおおよそ次のルールで一覧としてあります。

  • 掲載の順序は、筆者名(第1筆者)の五十音順になっております。
  • Webページへのリンク先URLを掲載の資料は、そのWebページへのジャンプと閲覧が可能です。
  • Webページへのリンクは、編集時点に確認した情報です。アクティヴでない場合があること、ご了解ください。
  • pdfファイルのダウンロードが可能な資料もあります。
山田一成,江利川滋(2012):改訂版テレビ親近感尺度の信頼性と妥当性,心理学研究,82,(6)547-553.
樋口耕一,中井美樹,湊邦生(2012):Web調査における公募型モニターと非公募型モニターの回答傾向─変数間の関連に注目して─,立命館産業社会論集,2012年12月,第48巻第3号,95—103./(*)公募型パネルと非公募型パネル(部分的に確率標本)を用いた比較実験調査の例.
小野寺典子(2012):郵送調査の実施方法の検討(3),「放送研究と調査」/NHK放送文化研究所機関
大隅昇・鳰真紀子(2012):「総調査誤差」を巡って―ロバート M. グローヴス,ラース ライバーグ「総調査誤差―過去,現在,未来―」を中心に― ,「よろん」誌, 2012年10月号,(第110号)
薬師寺克行(2012):「世論調査政治」の落とし穴,「本」, 2012年11月号,40-42.
(*)「証言 民主党政権」(講談社刊,2012)の著者の紹介記事.
松原望・美添泰人・岩崎学・金明哲・竹村和久・林文・山岡和枝(編)(2012):統計応用の百科事典,丸善.
大隅昇(2012):ウェブ調査,「統計応用の百科事典」(松原望他,編),308-311,丸善.
林文・大隅昇(2012):混合方式(混合モード),「統計応用の百科事典」(松原望他,編),312-313,丸善.
※ここに集めた情報は、逐次更新され、内容が変わることがあります。